「津軽」を読んでみた

「津軽」読み終わりました〜!ちょっと時間かかったかな…。 内容は生まれ育った故郷である津軽について執筆するため津軽に帰ったときの話です。太宰の友人や家族、そして育ての親であるたけとの交流が描かれており、太宰の顔が見えた気がしました。 まず最初笑ったとこは、自分の作品の一部を抜き出して さすがの馬鹿の本…