「斜陽」を読んでみた

「斜陽」は「人間失格」の後に読んだんですが、なんかめっちゃ切なかったです。 最初は主人公のかず子がめっちゃお母さん好きみたいな話に思ってたんですが、最後まで読むと 「光」の象徴である母と暗鬱とした「闇」の象徴である弟の直治との間に立つかず子の生の話なんやな〜って思いました。 第1章の最後が 「恋、と書い…